分譲マンション引き渡しと引っ越しの日取り決め

半年ほど前から、分譲マンションを購入することに決めて物件を探し、先日無事に物件が決まった。
私は一人暮らしの40代、このまま独身のままでも生活できるようにと思ってのことだ。
購入することに決めたのは、隣の市の私鉄駅に近い中古の単身者用マンション。
今住んでいるマンションとほぼ同じ広さで、今の家具をそのまま移せば暮らせそうだ。

私は住宅を購入するのは初めてで知らなかったが、中古のマンションを購入して引っ越す場合、住宅ローンの借り入れ先の選定や、借り入れ申請した後の審査のスピードやタイミングが引っ越しの日取りを左右すると知った。
借り入れが無事にできると確定して初めて、引っ越せる目処がたつ。
さらに中古マンションの場合は融資と同時に売り主に支払い、同時に登記を書き換えるという「同時履行」というものを経てやっと所有権が移るのだ。
この同時履行のときには、融資してくれる銀行の担当者や売り主、売買を仲介してくれた不動産会社の担当、また登記の手続きをしてくれる司法書士さんまで勢揃いする。
この複数の人たちのセッティングができないと、引っ越しの日取りは確定しないのだ。

今の賃貸物件の不動産会社には引き渡しの1か月前までに申し出るよう規定があるが、分譲マンションの場合は引っ越しの日取りは早く決めすぎず、せめて住宅ローン本審査の通過後、同時履行の日程までがある程度見通せてから決定するのが賢い方法かもしれない。